6月12日の論語一日一話です。

子曰わく(しのたまわく)、鳳鳥至らず(ほうちょういたらず)、河(か)、図を出さず(とをいださず)。吾巳んぬるかな(われやんぬるかな)。(子罕第九)

先師が言われた。
「鳳鳥が飛んでこなくなった。黄河からは図版も出てこない。これでは私もおしまいだよ」

※鳳鳥も図版も聖天子出現の瑞兆とされる。聖天子の出ないのを嘆いた言葉。

論語コンプリートには

世を嘆く中にも、自分への覚悟を忘れない

とありました。

きっとこれは嘆きの言葉なんですね。

孔子様ほどの人でも嘆くことがあるんですから、どんな人にも嘆くことはあるんです。

嘆くがその後は覚悟してがんばる前向きさが必要ということでしょうね。

今日も一日がんばります。