学ぶに如かざるなり

子曰わく、吾嘗て終日食わず、終夜寝ず、以て思う。益無し。学ぶに如かざるなり。(衛霊公第十五)

しのたまわく、われかってしゅうじつくわず、しゅうやいねず、もっておもう。まなぶにしかざるなり。(えいれいこうだいじゅうご)

【訳】
先師が言われた。
「私は、かつて一日中食べず、また一晩中寝ずに考えたが、得るところがなかった。やはり、書を読み、師について学ぶには及ばないね」

11月3日、今日の論語一日一言です。

”先達や他人に学んで進歩する”と論語コンプリートにあります。

学びはやはり、人に聞き本を読むことが大事ですね。

でも、アウトプットしなければ絶対に身にはなりませんね。

人に話して始めて自分に落ちてくるものだと思います。

そういう機会をもつためには積極的にそういう場にいくしかありません。

なかなかアウトプットする場面はありませんから。

今日も一日がんばります。