門を出でては大賓を見るが如くし

子曰わく、門を出でては大賓を見るが如くし、民を使うには大祭に事えまつるが如くす。(顔淵第十二)

しのたまわく、もんをいでてはたいひんをみるがごとくし、たみをつかうにはたいさいにつかえまつるがごとくす。(がんえんだいじゅうに)

【訳】
先師が言われた。
「一歩家を出て社会の人と交わるときには、大事なお客様に会うかのようにし、人民をつかうときには、大事なお祭りを行うかのようにする」

7月19日、今日の論語一日一言です。

論語コンプリートには”仁とは思いやりのことでもある”とあります。

仲弓さんは仁について孔子様にたずねるわけですが難しいものです。

人との関わりあい、コミュニケーションというのは大切に注意深くということでしょうか。

どんな人とのコミュニケーションも一つの時間として大切に考える必要がありそうです。

今日も一日がんばります。