鄙夫は與に君に事うべけんや

子曰わく、鄙夫は與に君に事うべけんや。其の未だ之を得ざれば、之を得んことを患え、既に之を得れば、之を失わんことを患う。苟くも之を失わんことを患うれば、至らざる所無し。(陽貨第十七)

しのたまわく、ひふはともにきみにつかうべけんや。そのいまだこれをえざれば、これをえんことをうれえ、すでにこれをうれば、これをうしなわんことをうれう。いやしくもこれをうしなわんことをうれえれば、いたらざるとこをなし。(ようかだいじゅうなな)

【訳】
先師が言われた。
「志がいやしくてつまらない者とは、一緒に君に仕えることができないだろう。また、地位や禄を得ないときは、どうしてこれを得ようかと気を揉むが、得てしまえば失うことを心配する。かりにもこれを失うことを心配すれば、、何をしでかすかわからない」

12月8日、今日の論語一日一言です。

”つまらない人物と仕事は組むな”と論語コンプリートにあります。

つまらない人物とは私利私欲の人間ということでしょうか。

自分のことしか考えない人間とは仕事はできない。

たしかにそうです。

どうやって出世しようか。出世したらしたで今度はその地位を守るめになんでもする。

世の中にはそういう人もいるかもしれませんね。

志の低い人とは一緒に仕事ができないというのは当然のことかもしれませんね。

今日も一日がんばります。