8月20日、今日の論語一日一言です。

仲弓、季氏の宰と為りて政を問う。子曰わく、有司を先にし、小過を赦し、賢才を挙げよ。(子路第十三)

ちゅうきゅう、きしさいとなりてまつりごとをとう。しのたまわく、ゆうしをさきにし、しょうかをゆるし、けんさいをあげよ。(しろだいじゅうさん)

仲弓が大夫季氏の宰となって、政治の要道を尋ねた。
先師が答えられた。
「それぞれの係りの役人を先に立てて働かせ、小さな過失は大目に見て、知徳の優れた人物を挙げ用いるがよい」

町内会でも商店街でも他の組織でもこれが出来る人が入ればいいのですが簡単にはできませんね。

しかし、どこにいても必ず組織というものはありますし、そこでも人間関係などがあります。

いろいろ学ぶことは多いですね。

今日も一日がんばります。