12月16日、今日の論語一日一言です。

子張曰わく、徳を執ること弘からず、道を信ずること篤からずんば、焉んぞ能く有りと為さん。焉んぞ能く亡しと為さん。(子張第十九)

しちょういわく、とくをとることひろからず、みちをしんずることあつからずんば、いずくんぞよくありとなさん。いずくんぞよくなしとなさん。(しちょうだいじゅうく)

【訳】
子張が言った。
「一つの徳に固まって広く徳を修めることがなく、道を信じても心の底からでなければ、居るというほどのこともなく、居ないというほどのこともないだろう(居ても居なくても大したことはない)」

”徳や道は広く徹底して進めていくもの”と論語コンプリートにあります。

広く徳を学び、正しい道を強く信じていくことが大切ですね。

簡単ではありません。

人間は毎日ぶれぶれです。

正しい道を意識していくことが大切なのは間違いありませんね。

広く学び、正しい道を信じて進むということが大切です。

魔がさすに気をつけましょう。

今日も一日がんばります。