焉んぞ死を知らん

子曰わく、未だ生を知らず、焉んぞ死を知らん。(先進第十一)

しのたまわく、いまだせいをしらず、いずくんぞしをしらん。(せんしんだいじゅういち)

【訳】
先師が言われた。
「まだ、自分がこの世に生まれ、生きていることもわからないのに、どうして死がなんであるかがかわろうか」

7月10日の今日の論語一日一話です。

”神霊や死後のことは容易に語れない”と論語コンプリートにあります。

どうして生きているのかわからない。

宇宙単位でいけばほんとにちっぽけな人間。

偶然が重なってできているようにも思えますが、それこそ神の演劇の中にいるような気さえします。

ただ、自分のために生きていてはいけないとは思います。

自分のためだけに生きるといろいろな不都合が生じます。

たらいの水ですね。

かえってくる。

そのように世の中はできているんでしょうね。

今日も一日がんばります。