民を棄つと謂う

子曰わく、教えざるの民を以て戦う、是れ之を棄つと謂う。(子路第十三)

しのたまわく、おしえざるのたみをもってたたかう、これこれをすつという(しろだいじゅうさん)

【訳】
先師が言われた。
「充分に教育もしていない人民を戦わせるのは、それこそ人民を棄てるというものだ」

9月13日、今日の論語一日一言です。

論語コンプリートには”準備なしの戦争はしてはいけない”とあります。

キングダムの世界を思いだしますね。

この時代ですから戦争があちこちで起きている時代です。

強い軍隊というのはやはり優秀なリーダーと教育、訓練された軍がある国というのは常識だと思います。

数だけで強い弱いは判断できませんね。

しかし、戦争はいけないと

それではいけないと孔子様は仁を説いて言葉で伝え歩くことをしていったんでしょう。

今日も一日がんばります。