樊遅、仁を問う①

樊遅、仁を問う。子曰わく、人を愛す。知を問う。子曰わく、人を知る。(顔淵第十二)

はんち、じんととう。しのたまわく、ひとをあいす。しのたまわく、ひとをしる。(がんえんだいじゅうに)

伊與田覺先生の解説です。

樊遅が仁について尋ねた。
先師が答えられた。
「人を愛することだ」
さらに知について尋ねた。
先師が答えられた。
「人を知ることだ」

8月15日、今日の論語一日一言です。

”正しい人が上に立てば、下にいる悪い人も正しくなる”と論語コンプリートにあります。

人を愛し、人を知る。

よく人を知らなければいけません。

一緒にくらす家族ですら心の中など分かるわけもありません。

だからよく知ることが必要なんでしょうね。

言葉や行動から自分なりに人を知る。

だから自分のこともよく知っておく必要があります。

自分の感情次第で人に対する感じ方も変わる。

穏やかでいて客観的な感覚。

明朗、愛和、喜働そして純情(すなお)

今日も一日がんばります。