未だ其の人を見ざるなり①

孔子曰わく、善を見ては及ばざるが如くし、不善を見ては湯を探るが如くす。吾其の人を見る、吾其の語を聞く。(季氏第十六)

こうしいわく、ぜんをみてはおよばざるがごとくし、ふぜんをみてはゆをさぐるがごとくす。われそのひとをみる、われそのごをきく(きしだいじゅうろく)

【訳】
先師が言われた。
「善いことを見ては、追いつけないかのようにそれに向かって努力し、悪いことを見ては、熱い湯に手を入れたように急いで改める。私は、そのようにする人を見、また、そういう言葉を聞いたことがある」

11月20日、今日の論語一日一言です。

”世の出て、正しい志を実現していくことはやさしくない”と論語コンプリートにあります。

何を志すと苦労することは仕方のないことだと思います。

それは大きければ大きいほどに。

日々改善、日々改善を繰り返すことが大事なんでしょうね。

この時期を乗り切るために毎年改善しているつもりですが、何かがまた増えていく。

また、改善すべきことが山のようにありますね。

今日も一日がんばります。