曰わく、兵を去らん

子貢曰わく、必ず已むを得ずして去らば、斯の三者に於て何れをか先にせん。曰わく、兵を去らん。(顔淵第十二)

しこういわく、かならずやむをえずしてさらば、そのさんしゃにおいてなにをかさきにせん。のたまわく、へいをさらん。(がんえんだいじゅうに)

【訳】
子貢が尋ねた。
「どうしてもやむなく捨てねばならないときに、この三つのうち、どれを先にすればよいでしょうか」
先師が言われた。
「兵を捨てよう」

7月29日、今日の論語一日一言です。

食、兵、信(道義)。

政治の要道。

どれも大事ですがどれかを捨てる時どこれを捨てるか。

まずは兵を捨てる。

そうですね。戦わずして勝つ方法を探すことも大事です。

納得するところですね。

明日も一日がんばります。