6月19日の論語一日一話です。

子曰わく(しのたまわく)、之を沽らんかな(これをうらんかな)、之を沽らんかな(これをうらんかな)。我は賈を待つ者なり(われはこをまつものなり)。(子罕第九)

先師が言われた。
「売りたいなあ。私はいよいよ買い手を待っている者だ」
※孔子は自分の理想実現の現場を求めて、各国を巡歴しながら、いずこにも受け容れてくれるところはなかった。弟子の子貢が冗談めいて「ここに美玉がありますが、箱におさめておきましょうか。それともよい買い手を求めてうりに売りましょうか」と尋ねたのに対し、孔子は笑って答えられた。

論語コンプリートには準備を怠らずにいるとあります。

自分一人ではなく弟子を連れて巡歴しているのですから、いろいろな葛藤があるなかちょっとした冗談を交えながらの会話が感じられます。

日々の生活のなかでもいろいろな葛藤があると思いますが心の平穏さを保つためは準備を怠らない姿勢が大切なのでしょうね~。

今日も一日頑張ります。