忠信篤敬①

子曰わく、言忠信、行篤敬なれば、蠻貊の邦と雖も行われん。言忠信ならず、行篤敬ならざれば、州里と雖行なわれにや。(衛霊公第十五)

しのたまわく、げんちゅうしん、おこないとっけいなれば、ばんぱくのくにといえどもおこなわれん。げんちゅうしんならず、おこないとっけいならざれば、しゅうりといえどもおこなわれんや。(えいれいこうだいじゅご)

【訳】
先師が言われた。
「言葉にまごころがこもり、行いがねんごろであれば、未開の外国でも行なわれるであろうが、言葉にまごころがこもらず、行いがねんごろでなければ、身近な町や村でも行われないであろう」

10月12日、今日の論語一日一言です。

”誠実な言葉とまじめな行いによって思い通りになる”と論語コンプリートにあります。

言忠信、行篤敬。

誠実な言葉、行いがまじめ。

そんな人は誰から見ても素晴らしい人です。

目指したい人物像であり、理想ですね。

万国共通で信用を置ける人ということになりますね。

誠実な心を保つ努力をしなければなりませんね。

今日も一日がんばります。