10月18日、今日の論語一日一言です。

子曰わく、人にして遠き慮無ければ、必ず近き憂有り。(衛霊公第十五)

しのたまわく、ひとにしてとおきおもんばかりなければ、かならずちかきうれいあり。(えいれいこうだいじゅうご)

【訳】
先師が言われた。
「目先のことに捉われず、先の先まで思いをめぐらさなければ、必ず身近なところに思いがけない心配事が起こるものだ」

まさしく私の今の状態ですね。

先のことを考えずにいるから目先でトラブルばかり起こりますね。

そのトラブルを解決しているうちに一日が終わっている状態かもしれません。

しっかりと先のことを考えるタイミングなんでしょうね。

日々いろいろありますが今日も一日がんばります。

今朝のロータリーの温度計は4度でした。

寒くなってきて気も焦りますね。