徳を祟くする

子曰わく、・・・・・事を先にして得ることを後にするは、徳を祟くするに非ずや。其の悪を攻めて人の悪を攻むること無き、慝を脩むるに非ずや。(顔淵第十二)

しのたまわく、・・・ことをさきにしてえることをあとにするは、とくをたかくするにあらずや。そのあくをせめてひとのあくをせむることなき、とくをおさむるにひあらずや(がんえんだいじゅうに)

【訳】
「・・・・やるべきことを先にして、自分に取り込むことを後まわしにするのが、徳を高く積むことになるのではないかね。自分の悪を厳しく責めて、人の悪を責めることのないようにするのが、慝を取り除くことになるのではないのかね」

8月13日、今日の論語一日一言です。

”先にやるべきことをやり、得る利益については後回しにする”と論語コンプリートにあります。

自分のやるべきことをまずやる。利益は後まわしで。

自分の悪い点は責めるが、人の悪い点は責めない。

これで心の悪が薄れていく。

心というものは本当自分では制御できないこともあります。

ムカっとかイラっとかやっぱりします。

それを自分の中でどう処理するか。まさしく実践したほうがいいことですね。

今日も一日がんばります。