10月11日、今日の論語一日一言です。

子曰わく、由、徳を知る者は鮮なし。(衛霊公第十五)

しのたまわく、ゆう、とくをしるものはすくなし。(えうれいこうだいじゅご)

【訳】
先師が言われた。
「由(子路の名)よ、本当に徳を会徳している者はすくないねえ」

徳とは何か。

1. 身についた品性。社会的に価値のある性質。善や正義にしたがう人格的能力。 「徳を仰ぐ」
2. 広く他に影響を及ぼす望ましい態度。のり。おしえる。めぐむ。 「好意を徳とする」(ありがたいと思う)

とあります。

人間力とでもいうものでしょうか。

常にこれでいいのかとか、これは正しいのかと自分問い正しているような人が徳のある人なんでしょうか。

満足することなく日々学ぶことを心掛けなければなりませんね。

今日も一日がんばります。