己を行うに恥有り

子貢問うて曰わく、何如 なるか斯れ之を士と謂うべき。子曰わく、己を行うに恥有り、四方に使いして君命を辱しめざるは、士と謂うべし。(子路第十三)

しこうとうていわく、いかなるかこれこれをしというべき。おのれをおこなうにはじあり、しほうにつかいしてくんめいをはずかしめざるは、しというべし。(しろだいじゅうさん)

【訳】
子貢が尋ねた。
「どんな人物をすぐれた官吏ということができますか」
先師が言われた。
「自分の行いを省みて恥じるようなことはしない。外国へ使いして君の命を辱めないものを士と言うことができる」

9月2日、今日の論語一日一言です。

”向上心あふれ、仕事に結果を出していく人でありたい”と論語コンプリートにあります。

自分自身を省みて反省する。

実際、反省することばかりですね~。

恥じることがないように日々を過ごさなければいけません。

やりたいことが多すぎます。

しっかり絞っていくように心がけます。

今日も一日がんばります。