己を脩めて以て敬す

子路、君子を問う。子曰わく、己を脩めて以て敬す。曰わく、斯くの如きのみか。曰わく己を脩めて以て人を安んず。(けんもんだいじゅうよん)

しろ、くんしをとう。しのたまわく、おのれをおさめてもってけいす。いわく、かくのごときのみか。のたまわく、おのれをおさめてもってひとをやすんず。(けんもんだいじゅうよん)

【訳】
子路が君子の条件について尋ねた。
先師は「自分の身を修め、人を敬うことだ」と答えられた。
子路はさらに「それだけでしょうか」と尋ねた。
先師は「自分の身を修め、人を安ずることだ」と答えられた。

10月5日、今日の論語一日一言です。

”世の中をよくしていくことは、自分が修養し、向上することから始まる”と論語コンプリートにあります。

修養すること。

徳を磨く。それはなかなか難しいことです。

お人好しがいいと言っているわけではありませんね。

相手のことを敬うことはやさしくするだけではありません。

時として厳しいこともいう、自分の身を修めている人にしか言えないことでもあります。

しっかりと自分を律し日々を過ごさなければなりませんね。

今日一日がんばります。