己を如かざる者を友とせず

子曰わく、忠信を主とし、己を如かざる者を友とすること無かれ。過てば則ち改むるに憚ること勿かれ。

しのたまわく、ちゅうしんをしゅとし、おのれをしかざるものをともとすることなかれ。あやまてばすなわちあらたむるをはばかることなかれ(しかんだいきゅう)

先師が言われた。
「忠信を主として、自分には及ばない友と交わっていい気になってはならない。過てば改めるにのに誰に遠慮がいろうか」
※学而第一にもあるが、どういう意味でここに入れたものであろうか。

6月30日の今日の論語一日一話です。

”過ちは素直に改めたい”と論語コンプリートにあります。

自分の都合のよい気持ちのいい人と付き合ってばかりではいけませんね。

敢て苦言と言ってくれるような人と付き合うべきですね。

傷つきながら感じながら一つづつ成長するしかありません。

まずは自分が人のせいにするような心捨てていくことが大事です。

子育てしながら会社をやりながらたくさんのことに気づく。

たくさんの人に支えられて生きていますね。

今日の一日がんばります。