子罕に利を言う

子罕に利を言う(しまれにりをいう)、命とともにし(めいとともにし)、仁とともにす(じんとともにす)。(子罕第九)

【訳】
「先師はまれに利益について言われた。そのときには、常に天の命や人の道の本である仁に照らし合わせて話された。」

6月4日の今日の論語一日一話です。

利とは自分の欲ということしょうね。

人間の欲といのは尽きることは無いものですね。

何かをやってる時間は全て欲のためとも思います。

欲はあっていいだと思います。人間の本能ですから。

でも、仁に照らし合わせるということは「思いやり」がなければうまくは行かないよということだと思います。

自分ばかりになったりとかでは集団の中で生活できませんね。

今日も一日がんばります。