6月18日の今日の論語一日一話です。

且つ予其の臣の手に死なん與りは(かつわれそのしんのてにしなんよりは)、無寧二三子の手に死なんか(むしろにさんしのてにしなんか)。且つ予縦い大葬を得ずとも(かつわれたといたいそうをえずとも)、予道路に死なんや(われどうろにしなんや)。(子罕第九)

「また、私はその俄(にわか)仕立ての家来の手に死ぬより、むしろ二、三の諸君の手によって死にたいものだ。それに自分はたとい立派な葬儀をしてもらえなくても、道路に野垂れ死にするようなことがあろうか」
※内心は子路の厚意を感謝しておられるように思われる。

にせものの家来でみえを張っても仕方ない。

最後は身近な人に見守られて死んでいきたい。とありました。

四科十哲のお弟子さんに見守られて死んでいきたいと思うのは当然のことだと思います。

親、兄弟、家族、仲間を大切にしていけば孤独死することはない。

そのためにも毎日、頭を使って考えることが必要ですね~。

今日も一日がんばります。