子の疾病なり

子の疾病なり(しのやまいおもきなり)。子路(しろ)、門人をして臣たらしむ(もんじんをしてしんたらしむ)。病(やまい)、間なるときに曰わく(かんなるときにいわく)、久しいかな(ひさしいかな)。由の詐を行うや(ゆうのいつわりをおこなうや)。(子罕第九)

【訳】
先師の病気が甚だ重かったとき、子路は若い弟子たちを家来に仕立てて葬儀を執り行う手はずを決めていた。病気が少し落ち着かれた頃、先師が子路に向かって言われた。「お前が私をだまそうとして久しいようだね」

6月16日の今日の論語一日一話です。

”身近な人に見守られて往生したい”と論語コンプリートにあります。

見栄を張り、偽りのものを演出しても仕方ないとうことなんでしょうね。

人間、見栄を張りたいものですし大きく見せることによって成長するという事もあるのかもしれませんが過度になってはいけませんね。

正直に現状を認識しなければいけませんね。

誤りを見つけては修正する。

孔子様になんとか立派な葬儀をしたい子貢さんの気持ちもわかりますがね。

今日も一日がんばります。