唯我爾と是れ有るかな

子、顔淵に謂いて曰く、之を用うれば則ち行い、之を舎つれば則ち蔵る。唯我爾と是れ有るかな。(述而第七)
(し、がんえんにいいてのたまわく、これをもちうればすなわちおこない、これをすつればすなわちかくる。ただわれなんじとこれあるかな)

先師が顔淵に向かって言われた。
「用いられれば、自分の信念によって堂々と行い、用いられなければ、退いて静かに一人道を楽しむ者は、ただ私とお前くらいかな」

4月26日、今日の論語一日一言です。

一日、勘違いで今日は昨日の文でした。

顔淵愛を感じる文です。

”何も考えずに行動するこはよくない”と論語コンプリートにあります。

自分の信念を貫くことはケガすることも多々あります。

その信念をすべての人が受け入れられるわけではないですし。

たくさんのお弟子さんがいる中で孔子様と顔淵さんしか出来ていないことが簡単であるわけありませんね。

すべてのことには意味がある。

たくさんの遠回りにもきっと意味があります。

今日も一日がんばります。