5月28日の論語一日一話はこちらでした~。

子曰わく(しのたまわく)、如し周公の才の美有とも(もししゅうこうのさいのびありとも)、驕且つ吝ならしめば(おごりかつやぶさかならしめば)、其の余は観るに足らざるのみ(そのよはみるにたらざるのみ)。(泰伯第八)

先師が言われた。
「たとえ周公のような才能があっても、それを誇り、他人の長所をも認めないようであれば、そのほかのことは、もはや見るにたらない。」