吾は之を知らず

子曰わく(しのたまわく)、狂にして直ならず(きょうにしてちょくならず)、侗にして愿ならず(どうにしてげんならず)、悾悾にして信ならずんば(こうこうにしてしんならずんば)、吾は之を知らず(われはこれをしらず)。(泰伯第八)

【訳】
先師が言われた。
「志が甚だ大きいくせに真っ直ぐではなく、無知であるのに生真面目ではなく、馬鹿正直であるのに誠実さがないとすれば、私はどうしようもない」

6月2日の論語一日一話です。

理想ばっかり大きこというくせに正直でなくて、勉強してないくせに知ったかぶりで、無能無知なくせに嘘ばかりつくような人間はどうしようもない。

論語コンプリートには逆の意味で正直、誠実な人は救われるとありました。

どうもならん人ということですね。

大きいことをいうのに行動がまったくともなっていない。何もしない。

こんな人にはなりたくないです。

どうせ、人間のいつか死ぬんですかこういう正直ではない人間では子供にしめしがつきませんね。

本人は気づかないものかもしれませんね。

自分がそうならないように誠実に生きたいものです。

今日も一日がんばります。