君子は矜にして争わず

子曰わく、君子は矜にして争わず、群して党せず。(衛霊公第十五)

しのたまわく、くんしはおごそかにしてあらそわず、ぐんしてとうせず。(えいれいこうだいじゅうご)

【訳】
先師が言われた。
「君子は、誇りを以ておごそかにし、己を持しても、人とは争わない。大勢いても、片寄って党派をつくらない」

”君子は泰然と生きる”と論語コンプリートにあります。

10月26日、今日の論語一日一言です。

争いごとの火種にならないように気を付けなければいけませんね。

人は大勢いるとかならずグループを作り出そうとします。

どっちつかずも問題ですがバランスをよく見なければなりませんね。

自分をしっかりと持つことが大事ということでしょうか。

今日も一日がんばります。