君子は担かに蕩蕩たり

子曰わく(しのたまわく)、君子は担かに蕩蕩たり(くんしはたいらかにとうとうたり)小人は長えに戚戚たり(しょうじんはとこしなえにせきせきたり)。(述而第七)

先師が言われえた。
「君子はいつも平安でのびのびとしている。小人はいつでもくよくよとして落ち着きがない」

論語一日一言、5月15日の言葉です。

”君子はのびのびとしている”と論語コンプリートにあります。

心を穏やかにする。

そう簡単にはいきません。

毎日、楽しいと思えるようになるためにはちょっとしたことでも感じることが大切だなぁと思います。

まだまだ、小人なのは実感しています。

いつもせこせこしている。

まだまだ目先にとらわれているんでしょう。

改善していかなければなりませんね。

明るい未来のためには納得の計画が必要ですね。

今日も一日がんばります。