7月23日、今日の論語一日一言です。

司馬牛、君子を問う。子曰わく、君子は憂えず懼れず。曰わく、憂えず、懼れず、斯れ之を君子と謂うか。(顔淵第十二)

しばぎゅう、くんしをとう。しのたまわく、くんしはうれえずおそれず。のたまわく、うれえず、おそれず、これこれをくんしというか。(がんえんだいじゅうに)

伊與田覺先生の解説です。

司馬牛が君子について尋ねた。
先師が答えられた。
「君子はくよくよと心配せず、びくびくと恐れない」
司馬牛は驚いて尋ねた。
「心配せず、恐れないくらいで君子と言えるのでしょうか」

論語コンプリートには”心にやましいことがなくなれば、心配も恐れもなくなる”とあります。

心配や恐れが無いという状態はすごいなぁと思います。

司馬牛は結構なことを聞いてますよね。

心配せず、恐れないくらいって。

まだまだ、自分の心はやましい事だらけってことなんでしょうね。

どっかで自分本位の考え方をしています。

反省です。

今日も一日がんばります。