8月9日、今日の論語一日一言です。

君子は徳の風なり、小人は徳の草なり。草、之を風に上うれば、必ず偃す。(顔淵第十二)

くんしはとくのかぜなり、しょうじんはとくのくさなり。くさ、これをかぜにくわうれば、かならずふす。(がんえんだいじゅうに)

伊與田覺先生の解説です。

「君子(為政者)の徳は風で、小人(人民)は草です。草に風をあてれば必ずなびきます」

”上に立つ者に徳があれば、下にいる者は必ずこれに応える”と論語コンプリートにあります。

すべてのことに通じるような気がします

立場が上の人に徳がないのに、下についたもの徳があるわけもありません。

家でも会社でも上の立場の人間が整理、整頓が出来てなかったりまたは傲慢な態度など徳のない行動であれば、当然下にいる人間はそれを見ているのでいい雰囲気になるはずないですね。

今日も自分の行動に注意しつつ頑張りたいと思います。

君子の徳は風なりです。