君子は大受すべきなり

子曰わく、君子は小知すべからずして、大受すべきなり。小人は大受すべからずして、小知すべし。(衛霊公第十五)

しのたまわく、くんしはしょうちすべからずして、たいじゅすべきなり、しょうじんはたいじゅすべからずして、しょうちすべし。(えいれいこうだいじゅうご)

【訳】
先師が言われた。
「君子は、細々としたことをやらせることは出来ないが、大きなことを任せてやらせることができる。小人は大きなことは任せられないが、細々としたことはやらせることができる」

”小さな事ができなくても悔やむことはない”と論語コンプリートにあります。

11月6日、今日の論語一日一言です。

小さいこととはなんでしょうか。

目の前の今の問題点ばかりに執着しているイメージでしょうか。

もっと大きな問題を考えて解決するために何をするのか。

そんな考えをもたなければいけませんね。

今日も一日がんばります。