11月17日、今日の論語一日一言です。

孔子曰わく、君子に三畏有り。天命を畏れ、大人に畏れ、聖人の言を畏る。小人は天命を知らずして畏れず、大人に狎れ、聖人の言を侮る。(季氏第十六)

こうしのたまわく、くんしにさんいあり。てんめいをおそれ、せいじんのげんをおそる。しょうじんはてんめいをしらずしておそれず、たいじんになれ、せいじんのげんをあなどる。(きしだいじゅうろく)

【訳】
先師が言われた。
「君子に三つの畏れがある。天命を畏れ、大人を畏れ、聖人の言葉を畏れる。小人はこれに反し、天命を知らないので、それを畏れない。大人になれなれしく、聖人の言葉を侮る」

”畏れ敬うことで、人は立派に生きていけるようにある”と論語コンプリートにあります。

畏れを調べたところ。かしこまる気持ちとありました。

目先のこtばかり考えていると天命を知ることはないかもしれませんね。

一つひとつ何か物事に対して気づくようなことが大切にも感じます。

何も考えないで日々過ごししてしまうと畏れることもなく気づくこともないですね。

少しでも立派に生きていけるようになりたいですね。

今日も一日がんばります。