君子に三戒有り

孔子曰わく、君子に三戒有り。少き時は血気未だ定まらず、之を戒むること色に在り。其の壮んなるに及んで血気方に剛なり、之を戒むること闘に在り。其の老ゆるに及んでは血気既に衰う、之を戒むること得るに在り。(季氏第十六)

こうしのたまわく、くんしにさんかいあり、わかきときはけっきいまださだまらず、これをいましむることいろにあり。そのさかんなるにおよんでけっきまさにごうなり、これをいましむることたたかいにあり。そのおゆるにおよんではけっきすでにおとろう、これをいましむることうるにあり。(きしだいじゅうろく)

【訳】
先師は
「君子には三つの戒めがある。青年時代には血気がまだ定まらないので、戒むべきは色欲である。壮年時代には血気が甚だ盛んになるので、戒むべきは闘争である。老年時代には血気が衰えてくるので、戒むべきは私欲である」と言われた。

11月16日、今日の論語一日一言です。

”年代で戒めなくてはならないことも変わる”と論語コンプリートにあります。

いましめるのは闘争なんですね。

血気を静める努力をしなければなりませんね。

出来ない自分を戒めてやれることをするしかありません。

今日も一日がんばります。