子曰わく、已んぬるかな。吾未だ良く其の過ちを見て、内に自ら訟むる者を見ざるなり。(公冶長第五)

しのたまわく、やんぬるかな。われいまだよくそのあやまちをみて、うちにみずからせしむるものみざるなり。(こうやちょうだいご)

【訳】
先師が言われた。
「なんともしようがない世の中だなあ。私は、まだ自分の過ちを認めて、心の底から自分を責める人を見ない」

”自分の過ちに気づき、変える人が多い世の中にしたい”と論語コンプリートにあります。

3月31日、今日の論語一日一言の言葉です。

それにはやはり教育しかないのでしょうね~。

学ぶ姿勢がないかぎり気づくことはないようにも感じます。

自分のわがままを抑える努力もまたしかりです。

よい人(自分の正してくれる人)との出会いもまた必要です。

アンテナをしっかりはりましょう。

今日も一日がんばります。