夫子(ふうし)、循循然として善く人を誘う(じゅんじゅんぜんとしてよくひとをいざなう)。我を博むるに文を以てし(われをひるむるにぶんをもってし)、我を約するに礼を以てす(われをやくするにれいをもってす)。罷めんとすると欲すれども能わず(やめんとほっすれどもあたわず)。(子罕第九)

「ところで先生は、順序を立てて上手に人を導かれる。私の識見を広めるのに各種の書物や文物制度を以てせられ、私の行いをひきしめるのに礼を以てせられる。やめようかと思ってもやめることができない」

これもまた、顔淵様の孔子様愛の溢れる言葉に感じますね。

いくらいくら学んでもでも先生には遠く及ばないが自分一生懸命がんばりますという宣言みたいに思います。

今日も一日がんばります。