三年学びて穀に至らざる

子曰わく(しのたまわく)、三年学びて穀に至らざるは(さんねんまなびてこくにいたらざるは)、得易からざるなり(えやすからざるなり)。(泰伯第八)

【訳】
先師が言われた。
「三年熱心に学んで、なお自ら足らずとして、仕官を望まないものは、甚だ得難い人物だ」

5月29日の今日の論語一日一話でした~。

三年間、一生懸命に学んでも、学び足らないければ、就職を急がなくてもいい。

と論語コンプリートにありました。

いろんなものを犠牲にしても学びたいという意欲があるのならば学ぶべきとは思います。

就職してからも学ぶ機会というのは大変多いのですがここではその前にということでしょうね。

学生がまだ学ぶというようなことでしょうか。

どっちにしも子供が学ぶという時は学ばせることが親には必要なんでしょうね。

今日も一日がんばります。