7月28日、今日の論語一日一言です。

子貢、政を問う。子曰わく、食を足し兵を足し、民之を信にす。(顔淵第十二)

しこう、まつりごとをとう。しょくをたしへいをたし、たみこれをしんにす。(がんえんだいじゅうに)

伊與田覺先生の解説です。

子貢が政治の要道を尋ねた。
先師が言われた。
「食(経済)を豊かにし、兵(軍備)を充実し、民に信(道義)を持たせることだ」
※「信にす」を「信ぜしむ」と読み、「政治家を信頼させる」とする解釈もある。

大きな考えを持つことも必要ですね。

論語コンプリートには”軍事、経済は需要だが、信義や道義はもっと大事である”とあります。

無関心はいけませんね。

自分たちに道義や信義を感じ教えてくれる政治であってほしいと思います。

テレビの情報は一方的ですので注意は必要な気はします。

と感じつつ今日の一日をがんばろうと思います。