顔回なるものあり

孔子対えて曰わく、顔回なるものあり。学を好む。不幸、短命にして死せり。今や則ち亡し。(先進第十一)

(こうしこたえてのたまわく、がんかいなるものあり。がくをこのむ。ふこう、たんめいにてしせり。いまやすなわちなし。せんしんだいじゅういち)

【訳】
先師が(季康子の問いに)答えられた。
「顔回というものがおりまして、本当に学問が好きでございましたが、不幸にして若く死にました。もう今ではおりません」

7月5日、今日論語一日一言です。

顔回という人はまったくすごい人なんだと思います。

没頭できる人だったんでしょうね。

何かの本には貧乏がたたって死んだともありました。

長生きだけが人生ではないとは思いますが何よりも勉強が好きだったんでしょうね。

今日も一日がんばります。