道に聴きて塗に説く

子曰わく、道に聴きて塗に説くは、徳を之れ棄つるなり。(陽貨第十七)

しのたまわく、みちにききてみちにとくは、とくをこれすつるなり。(ようかだいじゅうなな)

【訳】
先師が言われた。
「道端でいいことを聴いて、さっそくその聞きかじりを途中で話すには、徳を棄てるようなものだ」

12月7日、今日の論語一日一言です。

”「道聴途説」は徳を棄てる行為”と論語コンプリートにあります。

受け売りは無責任ともあります。

しっかりと自分で学び吸収してから人には話さなければなりませんね。

人の話しを最後まで聞かないというのも問題ですね。

徳の在る人は、人の話をよく聞いている。

明日も一日がんばります。