7月8日の今日の論語一日一話です。

子曰わく、過ぎたるは猶及ばざるごとし。(先進第十一)

しのたまわく、すぎたるはなおおよばざるがごとし。

伊與田覺先生の解説です。

先師が言われた。
「過ぎたるはなおおよばざるがごとし」

やり過ぎの「過ぎ」。

何事もちょどよいほどほどがいいということです。

この言葉の本当意味をわからずに使っていました。反省です。

怒る時などはこの状態になることが多々あります。

言い過ぎはいけませんね。

飲み過ぎもいけませんね。

何事もちょうどいいほどほどを意識しなければなりません。

今日も一日がんばります。