身を殺して以て仁を成す

子曰わく、志士仁人は、生を求めて以て仁を害すること無く、身を殺して以て仁を成すこと有り。(衛霊公第十五)

しのたまわく、ししじんじんは、せいをもとめてもってじんをがいすることなく、みをころしてもってじんをなすことにあり。(えいれいこうだいじゅうご)

【訳】
先師が言われた。
「志士仁人は、命を惜しがって仁徳を損なうことなく、ときには命を捨てて仁徳を成し遂げることもある」
※志士は仁を志す人、仁人は成徳の人。

10月16日、今日の論語一日一言です。

”仁の道は我が身より尊い時がある”と論語コンプリートにあります。

力強い言葉です。

貫き通す強い力を感じます。

仁徳を成し遂げるためには命も投げ出す。

バランスも重要ですが熱い思いも大切ですね。

今日も一日がんばります。