12月13日、今日の論語一日一言です。

賜や亦悪むこと有りや。徼めて以て知と為す者を悪む。不孫にして以て勇と為す者を悪む。訐きて以て直と為す者を悪む。(陽貨第十七)

しやまたにくむことありや。かすめてもってちとなすものをにくむ。ふそんにしてもってゆうとなすものをにくむ。あばきてもってちょくとなすものをにくむ。(ようかだいじゅうなな)

【訳】
「賜(子貢)も憎むことがあるかね」これに対して子貢は答えた。「私は先回りして物事を探っておいて、知ったかぶりする者を憎みます。傲慢でいてそれを勇気だと思っている者を憎みます。人の秘密を暴いて正直ぶる人を憎みます」

”君子でも憎む者はいる”と論語コンプリートにあります。

人の考えたことを自分が考えたように言う人っているんですね。

そんな人はやはり嫌われてしまうでしょうね。

傲慢とはわがままな感じもしますがそんな人がそれを勇気だと思っているのはちょっとやですね~。

人の秘密を暴いて正直というにはそれもどうかとも思いますね。

君子でなくてもそんな人はやっぱり嫌われてしまいますね。

普段の自分の行いを反省してこんなな人なってはいけませんね。

今日も一日がんばります。