誠に富を以てせず②

伯夷・叔斉は首陽の下に餓う。民今に到るまで之を称す。其れ斯を之れ謂うか。(季氏第十六)

はくい・しゅくせいはしゅようのもとにうう。たみいまにいたるまでしょうす。それこれをこれにいうか。(きしだいじゅうろく)

【訳】
「伯夷と叔斉の兄弟は、周を逃れて首陽山の麓におり、わらべを食べ、餓えて遂に死んだが、民は今に至るまでこの兄弟を褒め称えている。この詩はこのことを言ったのであろうか」

11月23日、今日の論語一日一言です。

”人が長く賞讃するのは富ではなく徳である”と論語コンプリートにあります。

自分がもし死んだあと「あの人は欲張りで嫌な人だった」と言われるのは死んだ人間はいいですが、家族が寂しい思いをしそうですね。

人間は思いやりある人が好きです。

自分勝手でわがままな人が好きな人はいないと思います。

自分ばかりに富を集めると結局はゴーンさんのようになってしまうんでしょうね。

今日も一日がんばります。