言の其の行に過ぐるを恥ず

子曰わく、君子は其の言の其の行に過ぐるを恥ず。(憲門第十四)

しのたまわく、くんしはそのことばのそのおこないにすぐるをはず。(けんもんだいじゅうよん)

【訳】
先師が言われた。
「君子は、自分の言葉が行いより以上になることを恥じる」

9月27日、今日の論語一日一言です。

”君子は大げさに言うことを恥と考える”と論語コンプリートにあります。

言葉は本当に重要ですね。

発した瞬間から責任も発生しますので注意が必要ですね。

よく考えてから言葉は発しなければいけません。

出来もしない事や出来そうもないことをいってみたり、ネガティブな言葉を人に与えるのはいけませんね。

今日も一日がんばります。