衆之を好むも必ず察す

子曰わく、衆之を悪むも必ず察し、衆之を好むも必ず察す。(衛霊公第十五)

しのたまわく、しゅうこれをにくむもかならずさっし、しゅうこれをこのむもかならずさっす。(えいれいこうだいじゅうご)

【訳】
先師が言われた。
「多くのものが憎んでも、必ず自分でよく観察して確かめる。多くの者が好んでも、自分でよく観察して確かめることが大事だ」

10月31日、今日の論語一日一言です。

”自分で必ず確かめる”と論語コンプリートにあります。

よくよく観察しなければなりませんね。

本当はどうなのか。

そして、自分の心の状況もしっかりと確認したいものです。

流されて判断してはいけませんね。

今日も一日がんばります。