子曰わく、苗にして秀でざる者あり。秀でて実らざる者あり。(子罕第九)

しのたわまわく、なえにしてひいでざるものあり。ひいでてみのらざるものあり。

先師が言われた。
「よい苗が良く成長しても、穂が出ないものがある。穂が出ても、実らないものもあるねえ」
※顔淵の早く亡くなったことを惜しまれたものと思う。

論語コンプリートには”成長し続けないと本物になれない”とあります。

といことは常に意識して勉強したり考えていないと成長できません。

結局は学ぶということになります。

子曰く、学びて時にこれを習う。また説(よろこ)ばしからずや。朋遠方より来たるあり。また楽しからずや。人知らずして、慍(いきどお)らず。また君子ならずや。

毎日、論語を考えるとこの学而第一の冒頭の言葉がいかに大切かということを思うわけであります。

今日も一日がんばります。