色厲しくして内荏なるは

子曰わく、色厲しくして内荏なるは、諸を小人に譬うれば、其れ猶穿窬の盗のごときか(陽貨第十七)

しのたまわく、いろはげしくしてうちやわらかなるは、これをしょうにんにたとうれば、それなおせんゆのとうのごときか。(ようかだいじゅうなな)

【訳】
先師が言われた。
「顔色はいかめしくして心の中が柔弱なのは、下賤なものにたとえると、こそ泥のようなものだろう」

12月5日、今日の論語一日一言です。

”地位が高くて偉そうにしていても中身がなければ、こそ泥同じだ”と論語コンプリートにあります。

外見ばかりを気にして中身がだめ。

たしかにそうです。

そういう人を見極めていかなければなりませんね。

自分のことばかりというのはどこかで出てしまうものです。

学んでいかなければ中身はついていきませんね。

今日も一日がんばり。