1月26日、今日の論語一日一言です。

子游、考を問う。子曰わく、今の考は是れ能く養うを謂う。犬馬に至るまで皆能く養うあり。敬せずんば何を以て別たんや。(為政第二)

【訳】
子游が考について尋ねた。
先師が答えられた。
「今では親に衣食の不自由をさせないにを孝行と言うが、犬や馬に至るまで皆よく養っているではないか。敬わなければ、何によって犬や馬と区別しようか」

※子游は字。姓は言、名は偃。孔子より四十五歳若い。

”親を敬う心を持ちたい”と論語コンプリートにあります。

いつも思うのですが、表に出さなければ伝わることはありませんね。

行動の人でなければいけません。

私の場合はこのスイッチが入るのが遅い。

気づくと同時に行うですね。

今日も一日がんばります。