1月25日、今日の論語一日一言です。

猛武伯、考を問う。子曰わく、父母は唯其の疾を之れ憂う。(為政第二)

【訳】
猛武伯が孝行について尋ねた。
先師が答えられた。
「父母はただ子の疾を心配するものであります」

”子は健康であることが一番の孝行である”と論語コンプリートにあります。

生まれた時には何も望まず健康だけを望んでいたのに今となってはどうでしょう。

しかも、子の方が親の体を心配してる。

自分の方を改める方が先ですね。

日々の生活のだらしのないことを自分が改善するのが先です。

今日も一日がんばります。