そうじて人間というものは、天地に満ちている正しい「気」によって肉体をつくり、また、天地に満ちている正しい「理」によって精神をつくっています。ですから、何が正しいことか・・・とうことを知る力は、習わずとも、教えずとも、人はもともと知っていて、それは”生まれながらに持っている道具”のようなものです。

講孟余話 吉田松陰、かく語りき
女子の教え、妹・千代への手紙(原文・52)

人間はやはり生まれた時から正しいことを知っているのですね。

生まれた瞬間は善。

育った環境で変わっていくんですね。

親だけが悪いわけではなくその前その前と続くものでもあります。

どこかで気づくことができればいいのですが。

となると私は今の環境に感謝が必要ですね。

すべてに学びはあるものです。

子どもに伝えるのは難しいですが。

明日も一日がんばります。

テストの投稿なんですー。

うまくいってるといいのですが、連動して便利になるのはとてもいいことです。

何日かうまくいってなかったみたいです(笑)