終身行うべき者

子貢問うて曰わく、一言にして以て身を終うるまで之を行うべき者有りや。子曰わく、其れ恕か。(衛霊公第十五)

しこうとうていわく、いちげんにしてもってみをおうるまでこれをおこなうべきものありや。しのたまわく、それじょか。(えいれいこうだいじゅうご)

【訳】
子貢が尋ねた。
「一言で生涯行っていくべき大切なことがありましょうか」
先師が答えられた。
「それは恕かなあ」

10月28日、今日の論語一日一言です

”他人の心を自分の心のように推しはかって気を遣え”と論語コンプリートにあります。

この気持ちをすぐに忘れます。

自分を律せられていなんでしょうね。

自分のして欲しくないことを他人にもしない。

これは生涯の課題なんでしょうね。

自分の思い通りにいかないことが当たり前なのにすぐに人に求めているのでしょうかね。

今日も一日がんばります。